切手を売りたい人へのアドバイス

いらない切手は買い取ってもらえる

昭和40年から50年ごろにかけて、切手収集がブームになり、かなりの人が熱中していました。しかし現在では集めている人は少なくなり、家族が集めていたものを持て余している、という人もいるでしょう。実は切手は買い取ってもらえます。 普通切手の場合は、額面の8割から9割ほどの値段で買い取ってもらうことが可能です。また、切手の中には希少価値が高く、愛好家の間で、非常に高値で取引されているプレミア切手というものが存在します。もしそれらが手持ちの中にあれば、驚くほどの高値がつくかもしれません。いらない切手があるなら、一度査定してもらうことをおすすめします。気を付けたいのが店選びです。切手の知識があり、しっかりした鑑定を行ってくれるところを選ぶ必要があります。可能ならば複数の店に無料査定を依頼しましょう。

高く買い取ってもらうためには?

切手を少しでも高く買い取ってもらうにはいくつかのコツがあります。まず気を付けたいのが保存状態です。切っては保存状態が悪いと査定価格が下がってしまいます。折れや汚れがないか、裏の糊がしっかり付いているかを確認してみましょう。缶などにまとめて入れてあるなら、見つけたタイミングで専用シートなどで保管するようにするとそれ以上傷むことを防ぐことができます。 シートになっている切手をバラバラにするのは厳禁です。一枚一枚がバラバラになっている切手と、シート状態の切手では、額面が同じでもシートの方が買取価格は高くなります。整理しようとして切り離さないようにしましょう。また、ある程度まとめて査定に出すのも高額買取りのコツです。一枚一枚に大した値段が付かなくても、まとめて出せば高い査定額が付くことがあります。